脱都心コンシェルジュ

海を楽しむ暮らしのコンサルタント

江ノ電のある生活【稲村ケ崎駅】編

誰しも耳にした事がある鎌倉の名所、稲村ガ崎。
ここ稲村ガ崎を舞台とした映画やテレビドラマは多く、
今でも鎌倉の人気を支える町でもある。

なかなか知られていない歴史が稲村ガ崎に刻まれており、
鎌倉時代の末期に、新田義貞が挙兵し戦場としている事実が古文に記載されています。
また、第二次世界大戦中には伏龍隊の地下基地があったとされております。

現在は鎌倉海浜公園として整備がされ、キレイに芝生が植えられた公園。
公園から眺める景色は抜群で、夕焼けが空を七色に染め上げる頃、
七里ガ浜の海岸線と江ノ島・富士山を眺め、心を奪われてしまうような色を見せてくれる。

カメラ好きやプロカメラマンが、世界に一つだけの夕焼けを納めようと、
この稲村ガ崎に高価な機材を持ち込み、レンズを構える姿もまた風情といいましょう。

人々の生活に根ざした人情味あふれる町が稲村ガ崎。
駅前には味わい深い商店がチョッコっと顔を出し、
山側には七里ガ浜から続く住宅街が広がる。

oggy

この先鎌倉方面は、街中や山の谷間を走り抜けて行く光景がいい

ずいぶん前の話で言えば、サザンオールスターズの桑田佳祐が監督した【稲村ジェーン】という映画の舞台ともなっている。
若い世代には分からないかもしれないが、その当時都会の若者が一斉に稲村ガ崎に遊びに来た事も記憶に残る。
サザンオールスターズのシングル曲【君こそスターだ】の冒頭でも歌われ、「稲村ガ崎は今日も雨」など沢山の場面でこの稲村ガ崎は使われている。

稲村ガ崎の海

近年で最も話題にされたのが、稲村クラッシック。
サーフィンのメッカとも言われる稲村ガ崎には、伝説のサーフィン大会が行われる。
しかし多くのレジェンドサーファーが認める大波が訪れないと開催されない大会で、約24年間ものあいだ開催される事はなかった。。。
2013年台風20号からのウネリが稲村ケ崎へとコースを決め、歴史的稲村クラッシックが開催された。
この大会に多くのサーフィン業界が沸き、全国ネットでも放映されることとなった。
ギャラリーは報道陣を含め3000人を超えたと言われている。
まさに正真正銘のサーフィン大会となった。

芝を敷き詰めた鎌倉海浜公園

休日ともなれば多くの観光客が訪れる。
何があるって訳ぢゃないが、ココからの景色は最高で、心穏やかな時間が過ごせる。
夕焼けがたまらなく美しいのも魅力の一つと言えますね。

見えるだろうか、海岸線の向こうに江の島が見えている。

僕のチープなレンズでは表現できないが、肉眼でみる景色はなんと表現してよいか悩むところ。
いや。。最高ーーーー!と言うしかない。

  • Facebookでシェア