脱都心コンシェルジュ

海を楽しむ暮らしのコンサルタント

鎌倉トリップ「江島神社」

湘南を代表する観光地「江の島」にある神社、「江島神社」。

日本三大弁財天として有名な神社で、ご祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)が須佐之男命(すさのおのみこと)と誓約された時に生まれた神で、三姉妹の女神様。

女神たちは「辺津宮(へつみや)」、 「中津宮(なかつみや)」、「奥津宮(おくつみや)」の三社それぞれに祀られています。

江島神社内には、数々のパワースポットがあり、ご利益は金運・芸能・人気・縁結び・縁切りと多岐に渡るので、全てをバランスよく回りたいところ。

参拝する手段はふたつ。

のんびりと景色を楽しみながら歩く、もしくはエスカーという、屋外エレベーターを利用して、ラクラク参拝することもできるんです。

どちらにせよ、主要のパワースポットを巡ることができますよ!

江の島に着いてすぐの青銅の鳥居をくぐり、仲見世通りをぷらぷら歩く。

すると目の前に鮮やかな朱の鳥居が現れる。

こちらは龍宮城を模したものらしい。

確かに、なんだか亀に乗って海底に来た気分がします。

幾段もの階段を上り、瑞心門を見上げながら更に上を目指す。

すると、やがて「辺津宮」到着。

先ずはこちらで心清らかに手を合わせます。

冬のキンキン冷えた寒い朝、ここまでランニングするのが日課な時期もあって。

白い息を吐き、「辺津宮」に手を合わせて帰る。

そんなことをふと想い出せば、少しは涼しくなるかな、なんて。

汗だくの私は思ったけれど…。

ジリジリと照り輝く太陽が、容赦なくますます強い日差しを浴びせてくる。

あ、暑い…

汗を拭い、ふと見ると、「辺津宮」の脇には、奉安殿(ほうあんでん)。

八角形の特徴的な社殿には、有名な音楽芸能守護の裸弁財天・妙音弁財天(みょうおうんべんざいてん)と勝運守護の八臂弁財天(はっぴべんざいてん)が祀られていて、とても強いパワーがあるんだとか。

お賽銭をうまく落とすと、お金が当たって「リリン」と美しい鈴の音がする。

どうしても鳴らしたくて、何度もチャレンジしてる人がいた。

私は残念ながらその音色を聞くことは叶わなかった。

恋に効く、恋むすびの絵馬や、恋むすびの樹を横目に微笑みながら、ぱぁっと開けた下界の景色に、ひとり感嘆の声を上げる。

江の島のヨットハーバーに整然と並ぶヨット。

どこまでも広がる青い空にたくさんの白い雲。

「キラキラ」と輝く海と麗しい緑。

ひとつ、またひとつと参拝しながら、この素晴らしいロケーションの表情を少しずつ変えて楽しむことができる。

なんと素敵な場所なんだろう。

パワーをどんどん蓄えつつ、最後、「奥津宮」に辿り着く頃にはチャージ完了されているはず。

この「江島神社」は、五頭龍伝説にも深く関わっていて、腰越にある「龍口明神社」と夫婦神社といわれている。

夫である、「龍口明神社」を立てて、先にあちらを参拝したのち、「江島神社」をお参りするのが正しい順序と言われているんです。

それを守らないと、カップルは別れるというジンクスもあるほど。

なのでぜひ、まずは先に「龍口明神社」を訪れてから「江島神社」を詣でることをおすすめします。

青銅の鳥居

鮮やかな朱の鳥居

龍宮城を模した桜門

瑞心門

降りてきた角度から

江島神社全景絵地図

唐獅子

祭神や参拝者を守ります

辺津宮(金運アップ)

一番下に位置していることから『下之宮(しものみや)』とも呼ばれます

恋に効く絵馬

奉安殿(芸能アップ)

八臂弁財天(国指定重要文化財)と裸弁財天・妙音弁財天(市指定重要文化財)が祀られています。

ヨットハーバーを臨む

美しい…

むすびの樹

幹はふたつ、根はひとつ

八坂神社(健康運アップ)

建速須佐之男命が祀られています。

対岸の小動

中津宮

弁財天の華やかなエネルギーを放つ
  • Facebookでシェア