Produce - R studioがプロデュースした物件のご紹介

一番大切なことは、誰の基準でもない、お客様ご自身が「楽しく」、そしてご自身の価値観を信じて「おしゃれに」暮らす毎日を実現すること。以下では、R studioが携わった設計・内装・インテリアコーディネート事例をご紹介します。

Vol.47 : 「 材木座 diary」page 2

「材木座 diary」の第二弾

工事着工・上棟してからあっという間に過ぎさる日々、随分と工事が進んでまいりました。

すでに室内の発砲ウレタン樹脂(断熱材)が一面を覆い尽くし、寒さが随分と和らいでおります。

大寒のこの時期にしては断熱材のおかげで「ぬくぬく」し、大工さんの仕事も捗るだろう。

お施主さまへお勧めして正解です。

こちらの建物にはこだわりのファサードが美しく造られ、竣工を楽しみにしているのはご近所さんと私も。

今の味気ない建物とは一線を期し、「コンテンポラリー日本家屋」といった雰囲気になるのではないだろうか。

デザインコンセプトとアウトラインを決めたのは僕なのだから、一般的な住宅にはならないはす。

どことなく鎌倉らしく、どことなく洗練された空間、どことなく自慢できる家。

さまざまな様式を歯車のように組み合わせ、住まう人に喜びと、訪れる方々へ感動を届けたい。

鎌倉の生活がより豊かになるよう、僕なりのエールを送りお手伝いしております。

ここに携わる大工さんも素敵なかた。

白髪まじりのダンディーな佇まいがよく、技術もさることながら現場は常にきれいに整理整頓されている。

早く完成しないかなっっと呟くと、苦笑いでもう少し先だよっと。

Archives 一覧を見る